ふたば珈琲広報担当日記

北海道岩見沢市の国道234号沿いにあるきまぐれ喫茶店からのお知らせと日々のあれこれ。

取り扱いコーヒー豆の説明とあれこれ

想い出に、そっと寄り添うコーヒーを。

 

いつもご来店ありがとうございます。

ふたば珈琲自称スーパー名誉顧問兼広報担当の

ぐんちゃんです。

 

 

 

先週、

 

「 納品書見たらいつのまにかコーヒー豆が替わってた 」

 

という記事を書きまして、

それからのあれこれです。

 

 

 

 

とくに業者さんに

確認はとってませんが(ぇ

 

コーヒー豆って、

そーゆーものだと思いました。

 

というのは、

コーヒー豆って農作物なので、

収穫した年や産地の気候によって

かなり変化があります。

 

つまり、

「 グァテマラの××農園だから絶対においしい! 」

ということは、

あり得ないのです。

 

 

 

 

おそらくですが、

今まで販売していたコーヒー豆が

いろいろなんかあったので、

それに代わるコーヒー豆を

選んでくださったのかなぁと思います。

 

なので、

コーヒー愛飲者のわたしたちは、

移り変わってゆくコーヒーを楽しむ

とゆースタンスでいることが、

平和なのかなぁと思います。

 

というわけで、ブレンドの味も、

若干変わるかと思いますが、

この点をご了承いただきたいところです。

 

 

 

 

それで、

変更となったコーヒー豆について、

ネットで調べてみました〜。

 

 

 

 

ブラジル

プリマベーラ農園

ダテーラ農園

 

POINT

 

自称スーパー名誉顧問メモ…

プリマベーラ農園はナッツのような香ばしさに加えてまったりとしたコクと甘みを感じたが、ダテーラ農園は軽やかな酸味が先行している。ストレートで飲むと少し物足りなさを感じるが、以前のブラジルと比較しなければこれはこれで飲めるという感じ。もう少し焙煎度合を深くしてみたらどうだろう?」

 

 

キリマンジャロ

キカフ農園

アビブ農園

 

POINT


自称スーパー名誉顧問メモ…

「キカフ農園は鮮やかでジューシーな酸味を感じたが、アビブ農園はそれよりも軽くて、酸味が弱くスッキリと飲みやすい。ただインパクトがちょっと弱いかも。かなり浅めに焼いてもおもしろそう。」

 

 

 

 

たしか、コロンビアも

変わってたような気がするけど、

忘れちゃったから、

次回、岩見沢に行ったときに

確認します。

 

焙煎度合いは、

店主と相談の上決めていきますが、

おそらく中深~深煎りになると思います。

 

 

 

 

北海道岩見沢市の

直火焙煎コーヒー豆&手作りスイーツのお店

自家焙煎 ふたば珈琲

http://futabacoffee.com/

営業日 土日祝 10:00-19:00

 

【お知らせです!】

1月26日(土)は、

店主・軍司が不在のため、

コーヒー豆の販売&

cafeはカウンター3席

になります。

マスク姿で雑な接客を

しておりますが、

風邪ではありません。

(ぐんちゃん)